はじめての介護では介護の現場から最新のコラムやニュースをお届けします

専門資格がないと介護業界の仕事はできない?

LINEで送る
Pocket

介護の仕事には、様々な専門資格があります。介護業界は専門職のように見えますが、実際は専門資格がなくても仕事をすることが可能です。では、専門資格がなくてもできる仕事とはどのようなものでしょうか。


介護の仕事内容とは

一般的な介護の仕事内容は、主に利用者さんの身体介護と生活援助です。身体介護とは、利用者さんの身体に直接触れて行う介護のことです。食事や排泄、着替えなど生活に関する身体的なサポートを行います。
起床から就寝まで、一日の生活の中ではあらゆる介護が必要となってきます。施設内だけではなく、外出の際にはベッドからの移動や車いすの移乗も身体介護の大事な仕事です。
生活援助とは、利用者さんの身体に触れずに行う介護を指します。掃除や洗濯などの一般的な家事や、利用者さんの日常生活を援助します。生活品の買い出しや、薬の受け渡しも生活援助の仕事に含まれます。
デイサービスやグループホームと言った介護施設に就職する場合には、どちらの仕事も専門資格は必要ではありません。専門資格がなくても、施設の介護福祉士の指導の下で様々な仕事を行うことができます。必要があれば、働きながら勉強をして資格を取ることも可能です。
しかし、訪問介護事業所に就職するには資格が必要です。資格がない場合でも就職はできますが、携われるのは送迎車の運転など直接身体に触れない生活援助のみです。介護職員初任者研修の資格を持っていない場合は、身体介護を行うことはできません。


国家資格と民間資格

資格には、国家資格と民間資格があります。一般的な介護福祉士ですが、これは国家資格です。3年の実務経験、または福祉系の学校を卒業して国家試験に合格すれば取得できます。取得までに時間がかかり、働きながらの取得は難しいでしょう。
一方、訪問介護でも働ける介護職員初任者研修は民間資格です。130時間の研修を受講し、修了すれば取得できます。通信講座でも受講できるため、働きながら学ぶことも可能です。この資格は、後々他の資格を取得したりステップアップしたい時に必要になる場合があります。
資格があるのとないのでは、大きく違う点があります。それは、給料です。就職の際にも、資格を持っている人の方が採用率が高い傾向があります。職場では、知識や技術が必要とされます。そのため、正社員や常勤の就職を目指すのであれば資格を持っている方が有利です。
資格がなくても働くことはできますが、資格を持っている人と比べるとできる仕事の範囲が限られてしまいます。パートや非常勤で働くのであれば、給料にそこまで大きな違いはありません。自分に合った働き方を選びましょう。

LINEで送る
Pocket

Related posts

うなずきかぼちゃん 468*60