はじめての介護では介護の現場から最新のコラムやニュースをお届けします

思い切って介護リフォーム!自宅をバリアフリーにして安心生活

LINEで送る
Pocket

バリアフリー

高齢者の増加に伴って、ますます需要が高まっているのが、バリアフリー住宅です。バリアフリーとは簡単に言えば、高齢者など社会的に弱い立場の人々を守り、安心して生活できる環境を整えることを指します。また、これには物理的・精神的な障害となり得るものを、生活環境から減らすという考えが含まれています。少子高齢化の進んでいる昨今、このバリアフリーという考え方は、日本においても広く浸透し始めています。
高齢者の日常生活における安全性は、とりわけ大切であると言えます。年齢に伴って体の機能が低下してしまうため、ちょっとした転倒や怪我が命に関わることもあります。したがって、自宅をリフォームして安心して住むことができるようにするのは、高齢者にとってとても大切なことです。


玄関は転倒の危険性が高い

住宅の中には、特に危険が潜んでいる場所がいくつかあります。これらを改善するだけでも、転倒の危険性を大幅に抑えることができます。
具体的な場所としては、「玄関」を挙げることができるでしょう。日本の住宅は玄関の段差が高いケースが多いため、筋力が下がり始めている高齢の方が怪我をしやすい環境にあります。
段差を小さくする工事を行ったり、手すり・スロープをつけたりすることによって、玄関の安全性は高まるでしょう。また、夜間でも見やすいようにライトをつけたり、雨で濡れても滑りにくい床材に変えたりすれば、さらに安全性が高まります。


トイレも危険が多い場所

トイレもまた、高齢の方が怪我をする事例が多い場所です。トイレを使う際には、座ったり立ったりする必要があり、想像以上に足腰に負担がかかります。脚の筋力の低下によるふらつきや、急に立ち上がることによる立ちくらみによる事故も報告されています。また、家族やホームヘルパーによる介助が必要な場合には、トイレが狭いことも問題となります。
トイレの改善例としては、壁に手すりをつけたり、間取りを変えてトイレを広くしたりする方法が挙げられます。また、部屋・廊下とトイレ内の気温差を小さくすることは、高齢者の心臓への負担を減らすことにつながります。


事前に見積もりを依頼しよう

「介護リフォームにはお金がかかる」と考えて、なかなか一歩踏み出せないという方もいます。ですが、高齢者にとって安全な住環境は、お金よりも大切な場合があります。「一生懸命育ててくれた親への恩返し」として、介護リフォームを決める人もいます。
前述のようなリフォームでは、費用が高額になることもあります。そのため、リフォームを考えている方は、複数の工務店から見積もりを出してもらうと良いでしょう。また、高齢者の介護に関する改築工事の費用は、国の特定控除対象に含まれています。費用を抑えられる可能性があるため、国の制度について事前に調べておくことが望ましいでしょう。

LINEで送る
Pocket

Related posts

うなずきかぼちゃん 468*60