はじめての介護では介護の現場から最新のコラムやニュースをお届けします

施設に入居したくない高齢者の方へおすすめの施設活用法

LINEで送る
Pocket

リハビリテーション

施設には入居する予定はなく、在宅介護で体力や健康の維持、回復に努めようと思っている高齢者の方々は多いでしょう。在宅介護だからとはいえ、ご家族がすべてのケアに行っていては負担も大きく、ご本人も気兼ねする部分が多くなってしまいます。そういった在宅介護を行っているご本人とご家族の方向けに、今は各地に「デイサービス」や「デイケア」、「ショートステイ」という一時的に利用できる施設が設けられ、その数は年々増加しています。
在宅介護であってもプロの介護士によるサービスや設備を利用でき、ご家族も介護以外の時間を有効に使えるということで、在宅介護のご家族がデイサービスやデイケア、ショートステイを活用することはいまやスタンダードとなりつつあります。


「デイサービス」「デイケア」「ショートステイ」とは何だろう

デイサービスとは通所介護と言い、介護施設に入居せず、日中の生活を施設で過ごすものです。食事や入浴などのサービスを受けられます。デイケアとは通所リハビリテーションといい、デイサービスの内容をリハビリを中心に行うものです。自宅では難しい機器を使ったリハビリや、食事や入浴の訓練も行われるので、ご家族の負担を減らすことができます。
ショートステイとは、短期入所生活介護と言われ、デイケアやデイサービスが宿泊がないのに対し短期間入所するものです。
ご家族が宿泊を伴って家を空けなければならない時、その間の生活介助やリハビリを引き受けてくれるサービスです。いわば「短期間の施設入居」ですが、数日経ったら住み慣れた家に戻れるというだけでご利用者も安心することでしょう。


家族と離れずに介護やリハビリが可能に

これらのサービスの一番の長所はやはり、ご利用者がご家族と離れ離れに暮らさなくていいところです。家族との生活はやはり心身ともに落ち着くものです。日中のサービスを利用することでご利用者もご家族もリフレッシュでき、帰宅してからの時間をより穏やかに過ごすことができるでしょう。
もちろん、これらの利用には介護保険が適用されますが、ご利用者の方の要支援・要介護の等級により利用料金の自己負担分は変わってきますし、ショートステイなどの場合保険適用外の部分(宿泊滞在費・食費・理美容代)などは自己負担となりますので、施設ごとによく調べて利用を決める必要があります。
リハビリ機器やその他の設備状況も施設ごとに異なります。パンフレットや説明だけで決めるのではなく、一度ご家族で下見に訪れてみましょう。気になる箇所を施設長に確認するなど、サービスの利用においては慎重に検討しましょう。

LINEで送る
Pocket

Related posts

うなずきかぼちゃん 468*60