はじめての介護では介護の現場から最新のコラムやニュースをお届けします

持っていると便利!福祉車両のこんなところがすごい

LINEで送る
Pocket

福祉車両

日本は世界的に見ても高齢者の割合が高い国ですが、今後もさらに高齢化は進むことが予想されています。そうなれば、高齢者自身や障がいを持った方自身が運転をする機会が増えますし、車椅子での移動の必要性も増してきます。そこで、福祉車両の活躍がますます期待されています。


「自操式」と「介護式」2種類ある福祉車両

福祉車両とは、高齢者の方や障がい者の方が使いやすいように、一般の車両にさまざまな装置や器具などを備え付けた車両のことを指します。大きく分類すると、高齢者や障がい者自身が運転するための補助装置が備わっている「自操式」と、身体が不自由な方や寝たきりの方をお世話したり送迎したりするための「介護式」があります。
自操式の車両には、セニアカーや足動装置、左足アクセルなど運転をサポートする装置がついた車両が見られます。介護式の車両には、乗り降りが楽にできるように工夫された回転シート車や昇降シート車、スロープやリフトがついた車椅子移動車などがあります。
このほか、入浴巡回車や福祉タクシー、公共交通機関向けのリフトつきバスなども福祉車両に含まれます。


充実した装備

福祉施設が送迎車として使用している車は、車椅子の使用者が車椅子ごと車両に乗り込めるタイプの車両です。電動式のスロープかリフトがついており、ワンボックスタイプとなっている車両が多く見られます。
車椅子からシートに乗り移れるように、回転シートや昇降シートになっている車両もあります。足腰が不自由な方自身のシートへの乗り移りが容易になるだけでなく、介護する人にとっても負担が少ないといったメリットがあります。
ワゴン車やミニバンだけではなく、軽自動車や小型車の車両も増えてきています。小型車であれば小回りがきき、駐車スペースも小さくて済みます。そのため、施設や病院などの入口近くまで車をつけることができ、使い勝手は抜群です。
このようにさまざまなタイプがあるため、介護する家族のライフスタイルに合わせた車両を選ぶことができます。


たくさんのメリット

福祉車両については、全国にある自動車販売店で相談や購入が可能です。介護タクシーのような公共の移動手段では、予約が必要であったり待ち時間があったりしますが、福祉車両を持っていれば好きな時にいつでも使うことができ、移動範囲も拡がります。お世話をする人の負担も減るため、以前よりも手軽に外出できるようになるでしょう。
購入にあたっては消費税が非課税となったり、自動車税が免除・軽減されたりといった減免措置を受けることもできます。税金だけではなく、自動車保険の保険料についても割引などの優遇措置を受けることが可能です。

LINEで送る
Pocket

Related posts

うなずきかぼちゃん 468*60