はじめての介護では介護の現場から最新のコラムやニュースをお届けします

シニアの介護施設利用はなぜ高額なのか

LINEで送る
Pocket

リハビリ
シニア世代になると、介護が必要になるお年寄りの方も増えてきます。そのため、老人ホームなど介護施設を将来的に利用する可能性も、事前に考えておくことが大切です。


どれぐらいの費用がかかる?

介護施設の費用は全体的に高額になる傾向が見られるため、資金をどのように捻出するのかを検討しなければなりません。例えば老人ホームを見てみると、中には入居費だけでも数千万円が必要になるところもあります。そのほかにも月額費用として10万円~30万円、介護サービスを受けるのであればさらに2万円~3万円の費用が必要となります。 高齢者向け住宅も、日本全国に建設されています。こちらも初期費用として、少なくとも数十万円、中には数百万円・数千万円の費用がかかる物件も見られます。さらに月々の生活費として、5万円~30万円程度の出費が必要となります。 特別養護老人ホームや介護老人施設など、中には介護保険を利用できるところもあります。この場合は、1割負担となるため費用は安くなります。初期費用はかからず、月額費用が5万円~17万円程度です。このように介護保険が利用できないと、かなりの費用を負担しなければなりません。入居費を高く設定しているところが多いため、初期費用を準備しておくことが求められます。

 

費用が高い理由

入居金には、「老人ホームで暮らす権利を最期まで買い取る」といった意味合いがあります。高齢化が進んでいる現在、老後生活は長期化する傾向が見られます。そのため、経営側は多数の入居者から少しずつ入居金を集めるのではなく、入居金自体を高く設定することが多いのです。 また、高齢者向けのサービスの場合、日常的なサービスのほかにも介護の費用が含まれています。プロの介護士によるケアを毎日受けることになるため、通常の賃貸のような家賃で暮らすことは難しいでしょう。経営側は、施設そのものを維持していかなければなりません。また、高齢者の安全を守るために、改築や増築、バリアフリー化の徹底などの必要性にも迫られます。また、感染症が流行した場合には、衛生管理を普段以上に徹底することも求められます。このように、経営側には運営のための必要経費がどうしてもかさみます。このような背景があるため、入居するには高額費用を負担しなければならないのです。将来的に入居を視野に入れているのであれば、早めに資金計画を立てて備えた方が良いでしょう。

LINEで送る
Pocket

Related posts

うなずきかぼちゃん 468*60