はじめての介護では介護の現場から最新のコラムやニュースをお届けします

知らないと怖い!寝たきり生活が引き起こす「床ずれ」とは

LINEで送る
Pocket

寝たきり

床ずれという症状をご存知でしょうか?寝たきりの方の介助などされていなければ、どういったものかわからない方も多いかもしれません。
床ずれとはマットレスや布団、車いすなどと接触する部分の皮膚が長時間圧迫されることで、皮膚や皮下組織、筋肉などが死んでしまった状態のことをいいます。これは皮膚や皮下組織、筋肉への血流が悪くなり、酸素や栄養が行きわたらず起こります。

床ずれの原因とは何か?

寝ている状態はマットや布団に接する骨の部位に体重が集中しています。体位変換ができずにいると圧迫が続き、毛細血管がつぶされ血が通わなくなり、皮膚組織が壊れ床ずれになってしまうのです。
他の原因としては、寝ている状態からの背上げの時や車いすへ移動する動作なども床ずれを引き起こします。また、シーツや衣類のしわなども原因となります。オムツや身体の汗などからくるムレも原因となるので身体を清潔にしておくことも大事です。栄養不良は皮膚組織にも影響を及ぼし、耐久性の低下となります。

床ずれの好発部位

床ずれは細菌感染や骨の壊死まで引き起こす

床ずれの初期段階は、指で押しても白くならない紅斑が特徴です。進行すると、真皮までの皮膚欠損が生じ、水疱などが見られることもあります。細菌感染が生じやすくもなります。その状態からさらに進行すると、皮下組織にまで達する欠損が生じ、さらに進むと、筋肉や骨まで損傷されます。骨が壊死したり、骨髄炎や敗血症を併発することもあります。

長期間の寝たきり状態は床ずれが発生しやすい一番の状況です。床ずれが起きやすい部分の皮膚は、毎日定期的にチェックを欠かさず、ひどくなる前に適切な処置をして改善に努めましょう。

LINEで送る
Pocket

Related posts

うなずきかぼちゃん 468*60