はじめての介護では介護の現場から最新のコラムやニュースをお届けします

こんな施設選びはNG!良い老人ホームの共通点

LINEで送る
Pocket

介護施設
Senior Dance 4 / jmsmith000

世の中には数多くの老人ホームがありますが、全ての施設が優良というわけではありません。そのため、施設による違いをしっかりと把握し、入居者や家族の方が満足できるような入居先を選ぶことが大切になります。
ここでは、良い老人ホームの3つの共通点をご紹介します。

【共通点1】経験豊富なスタッフが多い

老人ホームで受けられるサービスや介護の質は、スタッフの人数によって異なります。スタッフの人数が少ないホームでは、怪我などの不測の事態に対応できなかったり、一度に多くの要介護者の世話をすることができなかったりします。
そのため、入居先選びではスタッフの人数に目を向けることが大切になります。規模や入居者の人数を考慮し、適切な人数のスタッフが用意されているかどうかをチェックしておきましょう。
また、人数が多かったとしても、経験不足なスタッフばかりでは入居者にとってメリットがあるとは言えません。入居者が安心して生活を送るためには、さまざまなシチュエーションを経験しているベテランのスタッフが多い入居先を選ぶことも大切です。


【共通点2】施設全体に清潔感がある

施設の清潔感をチェックすれば、日頃の管理体制を見極めることができます。細かい部分まで管理が行き届いているホームであれば、入居者の体調の変化などにも普段から目を向けていることでしょう。
清潔感をチェックする際には、エントランスなどの目立つ場所だけでなく、階段・廊下・屋上などのあまり目立たない場所もチェックすることが大切です。居室やエントランスに関しては、ほとんどの施設で清掃に力を入れていることが予想されます。したがって、目が届きにくい場所に着目し、清潔感を細かくチェックするように心がけましょう。


【共通点3】入居一時金が返還される

老人ホームによって、特に費用面での契約内容には大きな違いが見られます。中には「入居時費用0円」と宣伝しているホームも見られますが、初期費用が安いからといって必ずしも優良であるとは限りません。
入居先選びでは、入居者が退去や死去した場合に、きちんと入居金が返還されるホームを選ぶことが大切なポイントとなります。入居金の返還に関しては、契約書に記されているケースが多いため、しっかりと契約書を確認しておいてください。
また、継続的にかかる費用についても、契約書に分かりやすく記載されているホームを選ぶことが望ましいでしょう。入居時費用が無料であっても、入居後にさまざまな費用を請求するホームも中には見られるため、契約内容には細心の注意を払いましょう。

 

入居先によって、家族の方や入居者の負担は大きく変わってきます。今回紹介したポイントを踏まえ、安心して介護を任せられる入居先を選ぶように心がけましょう。

LINEで送る
Pocket

Related posts

うなずきかぼちゃん 468*60