はじめての介護では介護の現場から最新のコラムやニュースをお届けします

老後に必要なお金と年金について

LINEで送る
Pocket

年金

多くのシニアの方にとって、これからの生活のために蓄えをつくることは大きな課題であると言えます。不安がまったくないくらい十分な貯蓄がある世帯はごく一部ですし、年金を受給できると言っても、奥さんが専業主婦だった場合などはそれほど大きな金額は受け取れません。そこで注目したいのが、資産運用で収入を得ることです。
ここでは、老後に必要なお金と年金の実情、資産運用のポイントや注意点などをご紹介します。

 

老後の生活で必要になるお金

まず、老後の生活で必要になるお金について考えてみましょう。退職後は、これまでもらっていたお給料の代わりに年金がメインの収入源になります。世帯によって事情は異なりますが、毎日の生活だけであれば、これですべて賄うことができる場合もあるでしょう。しかし、入院や介護施設への入居が必要になった場合、話は変わってきます。
ある調査では、60歳以上の無職世帯の平均支出額は25万円、余裕がある生活を送るには38万円が必要という結果が出ています。皆さんが受給できる金額と比べて、いかがでしょうか。足りないという方も少なくないことでしょう。実際、平均受給額は22万6千円となっています。この足りない部分を埋めていく方法を考えていくことが必要になるのです。

 

資産運用する際のポイント

リタイア後の資産運用においてポイントとなるのが、自分に合った「ポートフォリオ」を組み立てることです。
ここでのポートフォリオとは、構成状況のことを言います。資産を分散したり、さまざまな方法を組み合わせたりした場合の、それぞれの割合を示した全体像です。常にポートフォリオを意識し、バランスが取れているかチェックする必要があります。
老後は、支出が多い65歳までの生活に備える短期的資金、満額をもらえるようになってからに備える長期的資金、年金額を増やすための個人年金に分けてポートフォリオを組み立てていくことをおすすめします。短期的資金には運用性の高い投資を、長期的資金には確実性の高い方法を選んでみましょう。

 

資産運用における注意点

注意点としては、大きな収益ではなく「安定した収益」を狙うことが挙げられます。リスクの高い方法に手を出してはいけません。
なぜなら、リタイア後は大きな失敗は許されないからです。若い頃と違い、損した分を取り返すために働くことはできません。より安全性の高い方法で、安定した収益を狙う姿勢を持つことが大切です。

 

おわりに

ここまで、老後に必要なお金と年金の実情、足りない部分を資産運用で補完する上でのポイントについてご紹介してきました。リタイア後の生活を前向きに楽しむためには、入念な準備が必要です。ゆとりある生活を送るために、お金の問題とはしっかりと向き合うようにしましょう。

LINEで送る
Pocket

Related posts

うなずきかぼちゃん 468*60