はじめての介護では介護の現場から最新のコラムやニュースをお届けします
介護のまめ知識
うなずきかぼちゃん 468*60
  • 気をつけよう!冬に多い高齢者事故

    現在では、以前に比べて健康寿命が延伸しているといわれています。さらに健康な身体で長く生活できるように、さまざまな取り組みが行われています。高齢化が進んで、高齢者の人口が増えていくと、いろいろな心配ごとも出てくるものです。 体力の低下が引き起こす転倒 高齢になると、身体のさまざまな機能や筋力、体力が衰えていき ...

  • 最近の介護レクあれこれ

    レクリエーションの目的 介護施設では、入居者の皆様に季節を感じていただけるように行事を思うように催したり、高齢者向けのレクリエーションを行っています。レクリエーションの目的はいくつかありますが、まずは身体を動かすことで今の身体機能を維持することや向上を図ることです。 高齢者は身体を動かす機会が少なく、動かさ ...

  • 介護と育児を同時に行うダブルケアの人が増加

    今、まさに介護と育児まっただ中で日々格闘と奮闘をされていらっしゃる方も多いのではないかと思います。 日本の高度成長期を支えて来た親世代がリタイヤ。最近良く耳にする「健康寿命」は何らかの病気をきっかけに終わり、自分の身の回りのこともおぼつかなくなってしまい、かといってすぐに入れる施設が見つかる訳でもない。子供 ...

  • 健康な人がやっている4つの介護予防

    体は元気でも心に元気がなかったり、脳の機能が低下していると介護が必要となります。逆に心や脳の機能は元気だけれど、体の機能が著しく低下してしまっていても、その程度にもよりますが、やはり介護が必要となります。ですから、介護予防のためには体と心、そして脳機能の健康を同時にはかることが必要です。これを実現させるため ...

  • 突然の遠距離介護。気をつけたいポイントとは

    遠距離介護が突然必要になった時、安易に自身の生活スペースに呼び寄せるのではなく、気をつけたいのはできる限り住み慣れた場所で生活を営んでもらえるようにすることです。高齢になると、新しい環境に慣れるまでは非常に大きなストレスを抱えます。慣れない土地で慣れない環境での同居生活を続けることで体調を崩し、さらなる介護 ...

  • 骨折から寝たきりへ。骨粗しょう症が引き起こす介護生活

    骨粗しょう症とは、骨強度が低下して骨の中がスカスカになりもろくなる病気です。ちょっとした衝撃で骨が折れてしまうため、高齢者の場合は骨粗しょう症をきっかけに要介護状態になってしまう人がたくさんいます。 骨粗しょう症とは、ホルモンの影響が大きい病気で、特に女性の場合は閉経により女性ホルモンであるエストロゲンの分 ...

  • 高齢者に癒やしの効果をもたらすセラピードッグとは

    最近は少なくなってしまったのかもしれませんが、以前はよく小学校の校庭の一角に、鶏小屋やうさぎ小屋などがあったり、教室にも小鳥の入った鳥かごや金魚の入った水槽などが多くあったものです。 そうやって小さい頃から小動物などとふれあうことが、情操教育には欠かせないとの認識がありました。 また、障害を持って生まれてき ...

  • 今、密かにシニアに人気の「サ高住」とはどんなもの?

    サ高住とはサービス付き高齢者向け住宅のことをいいます。これは高齢者向けに作られた、シニアに借りやすく住みやすい住宅のことです。 シニア層にとって、突然の病気や怪我、自身や家族の介護などは、一人暮らしであったり夫婦二人で生活していると大きな不安となるものです。高齢になり生活に不安が出てきても、子供や親戚に世話 ...

  • 1年後の身体状態に差がつくデイサービスの選び方

    理学療法士や作業療法士が常駐しているかどうか? デイサービスにおけるレクの在り方は、まさに千差万別です。 利用者の要支援度や要介護度に合わせて行われるものが多いですが、どうせ行うのであれば、やはり身体状態に少しでもメリットがあるレクを行いたいと考えている人は多いはずです。 このような場合、デイサービスの選び ...

  • デイサービスを選ぶ前に知っておくべき5つのポイント!

    日本は世界一の長寿国家となっており、高齢者の人口は年々増加している状況です。家族構成も大きく変わってきており、夫婦共働きや核家族化が進んでいることから、家族だけで介護を行なうことは難しいでしょう。そのため、上手に介護サービスを利用する事が必要になります。介護サービスにはたくさんの種類がありますが、その中でも ...

  • 必見!担い手不足の介護業界で注目されている介護移住のメリット・デメリット

    高齢者の中には介護サービスを受けるために、都市から地方に移住するケースも増えています。介護移住と言いますが、都市部で比較的安価に入居できる介護施設が足りないことに原因があります。たとえば東京で特別養護老人ホームの空き待ちをしている人は約4万人もいて、これは全国の待機者の1割を占めます。 介護移住のメリットと ...

  • シニア層の気になる、定年後のライフプランと相続について

    一般的に60歳~65歳になると、会社勤めをしてきた人は定年退職となります。定年退職すると出社することもなくなり、1日の自由時間は大幅に増えます。生活リズムが大きく変わることになるため、セカンドライフのライフプランを事前に立てておくことが大切です。 収入面も大きく変わる 定年退職後のシニア世代が直面する問題と ...

  • 寝たきりから自立支援へ。活動的な生活を取り戻すためにできること

    高齢者介護は、医療の分野から発展してきました。重い病気の方や手術後の患者へのケアの方法を応用して生まれてきたのが、これまでの高齢者介護の方法です。 具体的には一定期間安静を保ち、回復とともにリハビリを通して筋力を元の状態まで戻していく、といった方法を指します。これらの療法やケアは確かに、若年層の回復には高い ...

  • 失敗はしたくない!安心して老後を過ごすための介護施設の選び方

      介護施設を選ぶ際に、気になることといえば「費用」「立地」「施設内の環境」といったところではないでしょうか?   昨今のネット環境の普及で、おおよそのことはウェブサイトで確認することができるようになりました。しかし、まだまだ自分の足で自分の目で確認しなければ、本当のところはわからないも ...

  • 「病気でないこと」「物をおいしく食べられること」「体が丈夫なこと」

    2014年度の厚生労働省による「健康意識に関する調査」では、健康であるかを判断する基準として「病気でないこと」「物をおいしく食べられること」「体が丈夫なこと」をあげている人が、全世代において多いという調査結果になりました。 また、幸福であると感じる要素として、若い世代が経済的状況などを重視する反面、「健康」 ...

  • 骨折から寝たきりへ。骨粗しょう症が引き起こす介護生活

    骨粗しょう症とは、骨強度が低下して骨の中がスカスカになりもろくなる病気です。ちょっとした衝撃で骨が折れてしまうため、高齢者の場合は骨粗しょう症をきっかけに要介護状態になってしまう人がたくさんいます。 骨粗しょう症とは、ホルモンの影響が大きい病気で、特に女性の場合は閉経により女性ホルモンであるエストロゲンの分 ...

  • より良い老後生活のために!認知症の早期発見と物忘れの違い

    Still In Step / oldcurmudgeon | Flickr シニアの方が心配になる病気といえば「認知症」ではないでしょうか。しかし、年を重ねるごとに記憶力・判断力は低下していくため、「単なる物忘れとの区別がつかない」といった声はよく聞くものです。 そこで今回は、認知症と物忘れの違いや早期発 ...

  • 老後に必要なお金と年金について

    多くのシニアの方にとって、これからの生活のために蓄えをつくることは大きな課題であると言えます。不安がまったくないくらい十分な貯蓄がある世帯はごく一部ですし、年金を受給できると言っても、奥さんが専業主婦だった場合などはそれほど大きな金額は受け取れません。そこで注目したいのが、資産運用で収入を得ることです。 こ ...

  • 在宅介護での経済的・精神的負担の現実

    近年高齢者の介護の必要性が急速に増しており、自宅で親などの介護を行う人が増えています。75歳以上の場合、国の介護保険制度を使い介護サービスを受けている人の割合は極めて高くなっています。 訪問介護や訪問看護、デイサービス、デイケアなどサービスはさまざまで、家庭の状況や要介護者の状態に合った方法を選択することに ...

  • 介護のお仕事!注目のケアマネジャーの仕事を徹底調査

    平成9年から介護保険制度がスタートしました。高齢化社会が今後進む日本で必要な福祉サービスの充実を図るための制度です。この介護保険制度がスタートすると同時に生まれた職種が、ケアマネジャーです。 ケアマネジャーは主に3つの仕事によって構成されています。1つ目は、高齢者やその家族の介護に関する相談を受けることです ...