はじめての介護では介護の現場から最新のコラムやニュースをお届けします
介護のお悩みQ&A
うなずきかぼちゃん 468*60
  • 気をつけよう!冬に多い高齢者事故

    現在では、以前に比べて健康寿命が延伸しているといわれています。さらに健康な身体で長く生活できるように、さまざまな取り組みが行われています。高齢化が進んで、高齢者の人口が増えていくと、いろいろな心配ごとも出てくるものです。 体力の低下が引き起こす転倒 高齢になると、身体のさまざまな機能や筋力、体力が衰えていき ...

  • 最近の介護レクあれこれ

    レクリエーションの目的 介護施設では、入居者の皆様に季節を感じていただけるように行事を思うように催したり、高齢者向けのレクリエーションを行っています。レクリエーションの目的はいくつかありますが、まずは身体を動かすことで今の身体機能を維持することや向上を図ることです。 高齢者は身体を動かす機会が少なく、動かさ ...

  • 介護と育児を同時に行うダブルケアの人が増加

    今、まさに介護と育児まっただ中で日々格闘と奮闘をされていらっしゃる方も多いのではないかと思います。 日本の高度成長期を支えて来た親世代がリタイヤ。最近良く耳にする「健康寿命」は何らかの病気をきっかけに終わり、自分の身の回りのこともおぼつかなくなってしまい、かといってすぐに入れる施設が見つかる訳でもない。子供 ...

  • 健康な人がやっている4つの介護予防

    体は元気でも心に元気がなかったり、脳の機能が低下していると介護が必要となります。逆に心や脳の機能は元気だけれど、体の機能が著しく低下してしまっていても、その程度にもよりますが、やはり介護が必要となります。ですから、介護予防のためには体と心、そして脳機能の健康を同時にはかることが必要です。これを実現させるため ...

  • 突然の遠距離介護。気をつけたいポイントとは

    遠距離介護が突然必要になった時、安易に自身の生活スペースに呼び寄せるのではなく、気をつけたいのはできる限り住み慣れた場所で生活を営んでもらえるようにすることです。高齢になると、新しい環境に慣れるまでは非常に大きなストレスを抱えます。慣れない土地で慣れない環境での同居生活を続けることで体調を崩し、さらなる介護 ...

  • 骨折から寝たきりへ。骨粗しょう症が引き起こす介護生活

    骨粗しょう症とは、骨強度が低下して骨の中がスカスカになりもろくなる病気です。ちょっとした衝撃で骨が折れてしまうため、高齢者の場合は骨粗しょう症をきっかけに要介護状態になってしまう人がたくさんいます。 骨粗しょう症とは、ホルモンの影響が大きい病気で、特に女性の場合は閉経により女性ホルモンであるエストロゲンの分 ...

  • 高齢者に癒やしの効果をもたらすセラピードッグとは

    最近は少なくなってしまったのかもしれませんが、以前はよく小学校の校庭の一角に、鶏小屋やうさぎ小屋などがあったり、教室にも小鳥の入った鳥かごや金魚の入った水槽などが多くあったものです。 そうやって小さい頃から小動物などとふれあうことが、情操教育には欠かせないとの認識がありました。 また、障害を持って生まれてき ...

  • 1年後の身体状態に差がつくデイサービスの選び方

    理学療法士や作業療法士が常駐しているかどうか? デイサービスにおけるレクの在り方は、まさに千差万別です。 利用者の要支援度や要介護度に合わせて行われるものが多いですが、どうせ行うのであれば、やはり身体状態に少しでもメリットがあるレクを行いたいと考えている人は多いはずです。 このような場合、デイサービスの選び ...

  • 認知症を疑った時、何科に行けばいいのでしょうか?

    老化に伴う年齢相応の物忘れと認知症。多くの方はすぐに判別はつかないことでしょう。 日常生活を問題なく過ごすことができていれば、物忘れがあっても、それは年齢相応のものであると言えます。 今までの生活の中ではなかった行動。 この行動を見極めることが重要です。 まずは行動を確認してみましょう ・同じ日に、同じ質問 ...

  • 介護の仕事は大変!身近な人に介護の仕事について聞いてみました

    「介護の仕事はとにかく大変!」という話はよく聞く話ではないでしょうか?昨今では介護事業所における様々なニュースがクローズアップされることが多いですが、実際に働いているスタッフは仕事についてどのように感じているのでしょうか。アンケートをとってみました。 仕事が大変・・・・・・・26% やりがいがある・・・・・ ...

  • 介護施設を見抜くポイント【その1】

    今回ご紹介する内容は、よくある老人ホームの選び方とは違い、介護現場の本質を知っているからこそお伝えできる内容です。こちらをヒントに入居後に後悔することのない老人ホームを選びましょう。   施設長から見抜く 1. 施設長の介護観は信用できるものか? 施設長自身の言葉で理念を語っているか、一般論ではなく体験談を ...

  • 新たな介護の選択肢「介護移住」

    現在の大都市圏は、高齢者人口の増加によって介護の担い手が不足しているという問題に悩まされています。安価で利用できる特別養護老人ホームはパンク状態で、入居できるまで何年も待たなければいけないという状況が続いています。かと言って民間の老人ホームは料金が高く、富裕層でないと利用が難しいという問題があります。 そこ ...

  • 介護と育児を同時に行うダブルケアの人が増加

    今、まさに介護と育児まっただ中で日々格闘と奮闘をされていらっしゃる方も多いのではないかと思います。 日本の高度成長期を支えて来た親世代がリタイヤ。最近良く耳にする「健康寿命」は何らかの病気をきっかけに終わり、自分の身の回りのこともおぼつかなくなってしまい、かといってすぐに入れる施設が見つかる訳でもない。子供 ...

  • 2015年の介護保険改正で変わったこと

    2015年4月から、改正された介護保険制度が施行されることをご存知でしょうか。この制度を上手に活用するためには、どのような部分が以前と異なるのかをしっかりと理解しておく必要があります。 ここでは、介護保険制度の改正によって変わる主なポイントを3つご紹介します。 【変更点1】特別養護老人ホームへの入居条件 2 ...

  • 老後のこと、親ときちんと話していますか?

    お墓のことや葬儀のことは話せても、介護のことはなかなか切り出せないもの。 そして、介護は突然やってくるものです。 いざという時のためにも、もしもの時の介護の方向性について話し合いはしておきたいものです。では、世間的にはどのくらいの人が話し合いを持てているか調べてみました。 20代〜80代の男性、女性85人に ...

  • 在宅介護での経済的・精神的負担の現実

    近年高齢者の介護の必要性が急速に増しており、自宅で親などの介護を行う人が増えています。75歳以上の場合、国の介護保険制度を使い介護サービスを受けている人の割合は極めて高くなっています。 訪問介護や訪問看護、デイサービス、デイケアなどサービスはさまざまで、家庭の状況や要介護者の状態に合った方法を選択することに ...

  • より良い老後生活のために!認知症の早期発見と物忘れの違い

    Still In Step / oldcurmudgeon | Flickr シニアの方が心配になる病気といえば「認知症」ではないでしょうか。しかし、年を重ねるごとに記憶力・判断力は低下していくため、「単なる物忘れとの区別がつかない」といった声はよく聞くものです。 そこで今回は、認知症と物忘れの違いや早期発 ...

  • 床ずれを改善するマットレスの効果的な使用法

    マットレスや布団、車いすなどと接触する部分の皮膚が長時間圧迫されることで、皮膚や皮下組織、筋肉などが死んでしまった状態のことを床ずれといいます。   原因を知り、悪化を防いで最悪の状態を回避する 身体の状態をチェックし、床ずれの危険度を点数化する「OH(大浦・堀田)スケール(表1)」と呼ばれる点数表がありま ...

  • 聞いてみました!普段からやっている介護予防のアレコレ

    高齢になっても介護が必要にならないのが理想の老後ですよね。いざ、介護が必要になった時では遅いものです。アクティブシニアを目指し、健康を意識した生活を続けている方々に、どのような介護予防を行っているか聞いてみました。 最近物忘れがひどくなった。両親の認知症を見ているのでやや心配。頭をつかう仕事をしているけれど ...

  • シニア世代は必須!かかりつけ医を持って安心の生活

    高齢者のいる家庭において、体の不調に気付くのはまず家族であることが多いはずです。しかし、65歳以上の4割が1人暮らしか高齢者のみの世帯であるという実情があります。しかも今後はその割合がますます高くなっていくと言われています。 特に高齢者のいる家庭では認知症のリスクが気になるところです。身近な人が認知症ではな ...

うなずきかぼちゃん 468*60