はじめての介護では介護の現場から最新のコラムやニュースをお届けします
介護と健康
うなずきかぼちゃん 468*60
  • 気をつけよう!冬に多い高齢者事故

    現在では、以前に比べて健康寿命が延伸しているといわれています。さらに健康な身体で長く生活できるように、さまざまな取り組みが行われています。高齢化が進んで、高齢者の人口が増えていくと、いろいろな心配ごとも出てくるものです。 体力の低下が引き起こす転倒 高齢になると、身体のさまざまな機能や筋力、体力が衰えていき ...

  • 健康な人がやっている4つの介護予防

    体は元気でも心に元気がなかったり、脳の機能が低下していると介護が必要となります。逆に心や脳の機能は元気だけれど、体の機能が著しく低下してしまっていても、その程度にもよりますが、やはり介護が必要となります。ですから、介護予防のためには体と心、そして脳機能の健康を同時にはかることが必要です。これを実現させるため ...

  • 高齢者に癒やしの効果をもたらすセラピードッグとは

    最近は少なくなってしまったのかもしれませんが、以前はよく小学校の校庭の一角に、鶏小屋やうさぎ小屋などがあったり、教室にも小鳥の入った鳥かごや金魚の入った水槽などが多くあったものです。 そうやって小さい頃から小動物などとふれあうことが、情操教育には欠かせないとの認識がありました。 また、障害を持って生まれてき ...

  • 聞いてみました!普段からやっている介護予防のアレコレ

    高齢になっても介護が必要にならないのが理想の老後ですよね。いざ、介護が必要になった時では遅いものです。アクティブシニアを目指し、健康を意識した生活を続けている方々に、どのような介護予防を行っているか聞いてみました。 最近物忘れがひどくなった。両親の認知症を見ているのでやや心配。頭をつかう仕事をしているけれど ...

  • 注意したい、シニアの便秘の症状と原因

    シニア世代の方々にとって、便秘は大敵です。些細なことが原因で排便のサイクルが乱れてしまうことがとても多いのです。特にシニア世代の方は内蔵機能の低下が著しく、30代と比べると60代の方は便秘のリスクが約2倍になるとも言われています。 偏った食生活に注意しよう これらの原因として考えられるものはいくつかあります ...

  • 寝たきりから自立支援へ。活動的な生活を取り戻すためにできること

    高齢者介護は、医療の分野から発展してきました。重い病気の方や手術後の患者へのケアの方法を応用して生まれてきたのが、これまでの高齢者介護の方法です。 具体的には一定期間安静を保ち、回復とともにリハビリを通して筋力を元の状態まで戻していく、といった方法を指します。これらの療法やケアは確かに、若年層の回復には高い ...

  • シニア世代は必須!かかりつけ医を持って安心の生活

    高齢者のいる家庭において、体の不調に気付くのはまず家族であることが多いはずです。しかし、65歳以上の4割が1人暮らしか高齢者のみの世帯であるという実情があります。しかも今後はその割合がますます高くなっていくと言われています。 特に高齢者のいる家庭では認知症のリスクが気になるところです。身近な人が認知症ではな ...

  • 要介護認定の判定結果が出たら利用できるサービスを考えよう

    高齢化が進むにつれて介護が必要な人も必然的に増加します。家族の中にケアが必要な人がいる場合は、公的な支援を上手に利用し、少しでも負担を減らすことが大切です。様々な介護サービスの利用は、誰でも利用できるというわけではなく、居住する市区町村に申請を行い、要介護認定の判定を受ける必要があります。 サービスを受ける ...

  • 知っておきたい!介護の原因となる体の病気

    介護の原因となる病気には、さまざまなものがあります。家族に高齢者がいる方、これから高齢となる方は、事前にここに挙げる病気をチェックしておき、何かあった時にすぐに動けるようにしておくことが大切です。具体的な症状を知っておけば、早期発見にもつながるでしょう。 脳血管疾患と認知症には特に注意 厚生労働省の調査によ ...

  • 初めて介護する方必見!お年寄りのドライスキン対策

    お年寄りの中には、「ドライスキン」に悩まされている方が多く見られます。皮膚が極度に乾燥すると痒みを伴い、患部を引っ掻いてしまうと、痒みを引き起こす物質「ヒスタミン」が生じ、さらに強い痒みに襲われてしまいます。 特にお年寄りの方は、皮膚が乾燥しやすい状態にあるため、日頃からドライスキン対策を忘れずに行うことが ...

  • 要介護認定の判定結果が出たら利用できるサービスを考えよう

    高齢化が進むにつれて介護が必要な人も必然的に増加します。家族の中にケアが必要な人がいる場合は、公的な支援を上手に利用し、少しでも負担を減らすことが大切です。様々な介護サービスの利用は、誰でも利用できるというわけではなく、居住する市区町村に申請を行い、要介護認定の判定を受ける必要があります。 サービスを受ける ...

  • 持ち家の人必見!もしかしたらあなたの家が家賃収入生むかもしれません!

    「一軒家は広すぎるから持ち家を売却してマンションなどで暮らしたい」 このように思っている人はいませんか? 子どもたちが独立した後の持ち家は、高齢の夫婦二人には広すぎたりするものです。 このような場合、持ち家を売却するという方法もありますが、誰かに貸し出してみるのはいかがですか?賃貸経営をすれば家賃収入を得る ...

  • 気をつけたい!食事が困難な高齢者へのやっていいケア・悪いケア

    認知症を発症したり、加齢によって身体能力が衰えたりすると、食事が困難になってしまうこともあります。そのようなシニアの方が家族にいる場合には、自宅でできるケアを覚えておくことが望ましいでしょう。 ここでは、食事が困難なシニアのために、家族の方が自宅で行えるケアについてご紹介します。   高齢者のこん ...

  • 高齢者に癒やしの効果をもたらすセラピードッグとは

    最近は少なくなってしまったのかもしれませんが、以前はよく小学校の校庭の一角に、鶏小屋やうさぎ小屋などがあったり、教室にも小鳥の入った鳥かごや金魚の入った水槽などが多くあったものです。 そうやって小さい頃から小動物などとふれあうことが、情操教育には欠かせないとの認識がありました。 また、障害を持って生まれてき ...

  • 知らないと後悔する認知症の兆候! 注意すべき10のポイント

    これまでしっかりとしていた自分の親が、「どうもおかしい…」と思う言動をすると周囲の家族は戸惑います。高齢化社会が進む中、認知症を患う人も必然的に増えており、85歳以上では4人に1人が認知症とも言われています。認知症は早めに気づいて治療を始めれば、進行を遅らせることができます。以下で紹介する10の兆候をチェッ ...

  • 知らないと怖い!寝たきり生活が引き起こす「床ずれ」とは

    床ずれという症状をご存知でしょうか?寝たきりの方の介助などされていなければ、どういったものかわからない方も多いかもしれません。 床ずれとはマットレスや布団、車いすなどと接触する部分の皮膚が長時間圧迫されることで、皮膚や皮下組織、筋肉などが死んでしまった状態のことをいいます。これは皮膚や皮下組織、筋肉への血流 ...

  • シニア世代は必須!かかりつけ医を持って安心の生活

    高齢者のいる家庭において、体の不調に気付くのはまず家族であることが多いはずです。しかし、65歳以上の4割が1人暮らしか高齢者のみの世帯であるという実情があります。しかも今後はその割合がますます高くなっていくと言われています。 特に高齢者のいる家庭では認知症のリスクが気になるところです。身近な人が認知症ではな ...

  • 認知症カフェとはどんなとこ!? 認知症患者と家族のための認知症カフェ(オレンジカフェ)に注目

    2015年から政府は認知症施策推進総合戦略(新オレンジプラン)という認知症施策を推し進めています。これは認知症にかかった高齢者が住み慣れたエリアで、いつまでも自分らしく生活するための環境作りとして5か年計画で進められています。新オレンジプランの一環として日本全国に誕生しているのが、「認知症カフェ」「オレンジ ...

  • 会話の中でシニア世代の体調を確認する方法

      シニア世代になると、体力の低下によりさまざまな健康問題が生じる恐れが出てきます。そのため、家族など周りの人たちは、高齢者の健康状態に関して常に注意を払う必要があります。 高齢者の体の不調は、具体的にどこが痛いというよりも、なんとなく全身的に調子が悪いといった症状であることが多いです。例えば、「 ...

  • 寝たきりから自立支援へ。活動的な生活を取り戻すためにできること

    高齢者介護は、医療の分野から発展してきました。重い病気の方や手術後の患者へのケアの方法を応用して生まれてきたのが、これまでの高齢者介護の方法です。 具体的には一定期間安静を保ち、回復とともにリハビリを通して筋力を元の状態まで戻していく、といった方法を指します。これらの療法やケアは確かに、若年層の回復には高い ...