はじめての介護では介護の現場から最新のコラムやニュースをお届けします
介護のお悩みQ&A
  • 認知症カフェを知っていますか?30人にアンケートを取った結果

    今年の初め、平成27年1月27日に認知症施策推進関係閣僚会合が行われ、認知症施策推進総合戦略(新オレンジプラン)が発表されました。 新オレンジプランの基本的考え方は 認知症の人の意思が尊重され、できる限り住み慣 ...

    今年の初め、平成27年1月27日に認知症施策推進関係閣僚会合が行われ、認知症施策推進総合戦略(新オレンジプラン)が発表されました。 新オレンジプランの基本的考え方は 認知症の人の意思が尊重され、できる限り住み慣れた地域のよい環境で自分らしく暮らし続けることができる社会の実現を目指す。 といったもので、 新オレンジプランの戦略の中で認知症の方の介護者への支援として認知症カフェの設置も目標として挙げら ...

    Read more
  • 聞いてみました!普段からやっている介護予防のアレコレ

    高齢になっても介護が必要にならないのが理想の老後ですよね。いざ、介護が必要になった時では遅いものです。アクティブシニアを目指し、健康を意識した生活を続けている方々に、どのような介護予防を行っているか聞いてみまし ...

    高齢になっても介護が必要にならないのが理想の老後ですよね。いざ、介護が必要になった時では遅いものです。アクティブシニアを目指し、健康を意識した生活を続けている方々に、どのような介護予防を行っているか聞いてみました。 最近物忘れがひどくなった。両親の認知症を見ているのでやや心配。頭をつかう仕事をしているけれどそれとこれとは別な気がする。水泳週一、ウオーキングなどもしている。(60代 女性) 80代の ...

    Read more
  • 最近増えてきているペットと共に入居可能な老人ホーム。入居したいですか?

    ペットを飼っている世帯年齢で一番多い年代は40代、僅差で50代、60代と続きます。ペットは言わば家族同然。飼い主が高齢になった時、家族同然であるペットが行き場をなくしてしまうこともあるようです。 そのような時、 ...

    ペットを飼っている世帯年齢で一番多い年代は40代、僅差で50代、60代と続きます。ペットは言わば家族同然。飼い主が高齢になった時、家族同然であるペットが行き場をなくしてしまうこともあるようです。 そのような時、ペットとともに入居できる老人ホームがあったらどうでしょうか?最近徐々に増えてきている、ペットとともに入居できる老人ホームへの入居について、アンケートを取りました。 【容認派】 「ペットは買っ ...

    Read more
  • 知っていますか?負担軽減できる高額医療・高額介護合算制度

    高齢になるにつれて、病気や怪我をしたりする可能性は高くなります。さらに、病気や怪我をきっかけにして介護が必要になるケースもあります。思いがけない入院生活や介護の始まりで家計を圧迫することも出てくるでしょう。 医 ...

    高齢になるにつれて、病気や怪我をしたりする可能性は高くなります。さらに、病気や怪我をきっかけにして介護が必要になるケースもあります。思いがけない入院生活や介護の始まりで家計を圧迫することも出てくるでしょう。 医療保険の(被用者保険・国民健康保険・後期高齢者医療制度)の世帯に介護保険を利用している方がいた場合、医療保険、介護保険の両制度を利用した合算額が高額医療・高額介護合算制度の自己負担限度額を超 ...

    Read more
  • 注意したい、シニアの便秘の症状と原因

    シニア世代の方々にとって、便秘は大敵です。些細なことが原因で排便のサイクルが乱れてしまうことがとても多いのです。特にシニア世代の方は内蔵機能の低下が著しく、30代と比べると60代の方は便秘のリスクが約2倍になる ...

    シニア世代の方々にとって、便秘は大敵です。些細なことが原因で排便のサイクルが乱れてしまうことがとても多いのです。特にシニア世代の方は内蔵機能の低下が著しく、30代と比べると60代の方は便秘のリスクが約2倍になるとも言われています。 偏った食生活に注意しよう これらの原因として考えられるものはいくつかあります。例えば、一人暮らしをしているシニア世代に多いのは、偏った食生活に起因するものです。一人の生 ...

    Read more
  • 寝たきりから自立支援へ。活動的な生活を取り戻すためにできること

    高齢者介護は、医療の分野から発展してきました。重い病気の方や手術後の患者へのケアの方法を応用して生まれてきたのが、これまでの高齢者介護の方法です。 具体的には一定期間安静を保ち、回復とともにリハビリを通して筋力 ...

    高齢者介護は、医療の分野から発展してきました。重い病気の方や手術後の患者へのケアの方法を応用して生まれてきたのが、これまでの高齢者介護の方法です。 具体的には一定期間安静を保ち、回復とともにリハビリを通して筋力を元の状態まで戻していく、といった方法を指します。これらの療法やケアは確かに、若年層の回復には高い効果を発揮してきました。 しかし、これを介護の世界にそのまま持ち込んだために、寝たきりになっ ...

    Read more
  • シニア世代は必須!かかりつけ医を持って安心の生活

    高齢者のいる家庭において、体の不調に気付くのはまず家族であることが多いはずです。しかし、65歳以上の4割が1人暮らしか高齢者のみの世帯であるという実情があります。しかも今後はその割合がますます高くなっていくと言 ...

    高齢者のいる家庭において、体の不調に気付くのはまず家族であることが多いはずです。しかし、65歳以上の4割が1人暮らしか高齢者のみの世帯であるという実情があります。しかも今後はその割合がますます高くなっていくと言われています。 特に高齢者のいる家庭では認知症のリスクが気になるところです。身近な人が認知症ではないかと疑わしくなった時に、まずは家族、親戚、友人などに相談するのが主流ですが、近年「かかりつ ...

    Read more
  • 夏だけじゃない!シニア世代の脱水と水分と塩分の必要性

    シニア世代の方は、若い世代に比べると脱水症に陥りやすい傾向があります。体内の水分量が不足すると、頭痛や目まいだけでなく、場合によっては意識障害やけいれんなどを引き起こす恐れがあります。 涼しい秋が訪れると、喉の ...

    シニア世代の方は、若い世代に比べると脱水症に陥りやすい傾向があります。体内の水分量が不足すると、頭痛や目まいだけでなく、場合によっては意識障害やけいれんなどを引き起こす恐れがあります。 涼しい秋が訪れると、喉の渇きも感じることが少なくなるので、水分補給は怠りがちです。でも、この時期も実は多くの汗をかいており、その汗は乾燥した空気で蒸発しているだけなのです。汗をかいているのに充分な水分補給はせずとい ...

    Read more
  • 要介護認定の判定結果が出たら利用できるサービスを考えよう

    高齢化が進むにつれて介護が必要な人も必然的に増加します。家族の中にケアが必要な人がいる場合は、公的な支援を上手に利用し、少しでも負担を減らすことが大切です。様々な介護サービスの利用は、誰でも利用できるというわけ ...

    高齢化が進むにつれて介護が必要な人も必然的に増加します。家族の中にケアが必要な人がいる場合は、公的な支援を上手に利用し、少しでも負担を減らすことが大切です。様々な介護サービスの利用は、誰でも利用できるというわけではなく、居住する市区町村に申請を行い、要介護認定の判定を受ける必要があります。 サービスを受けるためには 要介護または要支援認定の申請は、40歳以上の人であれば申請を行うことができますが、 ...

    Read more
  • 知っておきたい!介護の原因となる体の病気

    介護の原因となる病気には、さまざまなものがあります。家族に高齢者がいる方、これから高齢となる方は、事前にここに挙げる病気をチェックしておき、何かあった時にすぐに動けるようにしておくことが大切です。具体的な症状を ...

    介護の原因となる病気には、さまざまなものがあります。家族に高齢者がいる方、これから高齢となる方は、事前にここに挙げる病気をチェックしておき、何かあった時にすぐに動けるようにしておくことが大切です。具体的な症状を知っておけば、早期発見にもつながるでしょう。 脳血管疾患と認知症には特に注意 厚生労働省の調査によると、脳卒中などの「脳血管疾患」が、要介護者になった原因の約18%を占めています。脳血管疾患 ...

    Read more