はじめての介護では介護の現場から最新のコラムやニュースをお届けします

介護と育児を同時に行うダブルケアの人が増加

LINEで送る
Pocket

ダブルケア

今、まさに介護と育児まっただ中で日々格闘と奮闘をされていらっしゃる方も多いのではないかと思います。
日本の高度成長期を支えて来た親世代がリタイヤ。最近良く耳にする「健康寿命」は何らかの病気をきっかけに終わり、自分の身の回りのこともおぼつかなくなってしまい、かといってすぐに入れる施設が見つかる訳でもない。子供としてはそんな親を放っておくわけにもいかず、どうしたものかと悩んではみるもののどうにもならず、育児と介護を日々なんとかこなしている。
このような状況を迎えていらっしゃる方も多いのではないでしょうか。言葉にすると簡単ですが、実際は精神的にも肉体的にもかなりハードなものであることは間違いありません。もちろん、その間ダブルケアを行う人は、経済的な活動はほとんど行えないと言えます。
実際、日本の晩婚化は進んでおり、親の介護と育児を同時にこなさなければならなくなってしまった、という状況は今後もさらに深刻化していくのではないかと危惧されているのです。


介護は人によってさまざま

実際、介護とはいってもいろいろなパターンがあります。
一日の中で、手を借りる必要がある場面が限定されあるものの、身の回りのことは比較的自身で行える。というようなものから、24時間の介護が必要な状況まで、様々な状況は想定できますが、いずれにしても他人の手が必要であるということには変わりありません。


都市部に於ける一極集中型社会

さらに、特に都市部においては深刻な保育所不足とあわせて高齢者の介護施設の不足が挙げられます。
都市部では、特にハード面において「土地がない、あったとしても土地の単価が高く採算がとれない」という問題があります。それは子供の保育施設に関しても同じことが言えます。
都市部の保育施設は、需要に対する供給が見合っておらず、様々な取り組みは行われていますが未だ解決には至って居ません。今ほど晩婚化が進んでいなかった頃の日本では、3世代同居も珍しいことではなく、健康寿命にまだまだ余裕のある世代のおじいちゃん、おばあちゃんが孫の面倒をみてくれるという図式も珍しいことではありませんでした。
現在では地方に於いても核家族が増えているという現実があります。
現在、国は「3世代同居の推進」を推し進めて行くという様な方向性を表していましたが、この、都市部に於ける一極集中型社会を変えて行かなければ根本的な解決には至らないのではないかとも思われます。
そうなると、地方に人を分散させるにはどうするべきか、といった課題も出てきます。
介護と保育と晩婚化、さらには一極集中型社会。
これらは切っても切れないテーマなのではないかと思います。

LINEで送る
Pocket

Related posts

うなずきかぼちゃん 468*60