はじめての介護では介護の現場から最新のコラムやニュースをお届けします

知っていますか?負担軽減できる高額医療・高額介護合算制度

LINEで送る
Pocket

家計

高齢になるにつれて、病気や怪我をしたりする可能性は高くなります。さらに、病気や怪我をきっかけにして介護が必要になるケースもあります。思いがけない入院生活や介護の始まりで家計を圧迫することも出てくるでしょう。
医療保険の(被用者保険・国民健康保険・後期高齢者医療制度)の世帯に介護保険を利用している方がいた場合、医療保険、介護保険の両制度を利用した合算額が高額医療・高額介護合算制度の自己負担限度額を超えた場合、超えた分の費用を支給するのが高額医療・高額介護合算制度です。


高額医療・高額介護合算制度の対象

世帯での合算額なので夫婦で医療費、介護費それぞれかかっている場合は対象になります。例えば父親が要介護5で介護サービスの自己負担額がかなりかかっている時に母親が何かしらの病気で入院となった場合など、限度額いっぱいになる際には合算制度の対象となる可能性があります。対象となる期間は8月1日〜翌年7月31日までの医療費と介護費の合計です。
支給となる対象の世帯には市区町村から申請書が届きます。ただ、この期間に転居等行った場合は申請書が届かないこともあるようなので注意が必要です。


高額医療・高額介護合算制度の利用方法

高額医療・高額介護合算制度を利用するには、申請が必要となります。自分で申請をしない限りは、自己負担超過額の払い戻しを受けることはできません。
申請に関しては、まず加入している介護保険の窓口で申請を行い、自己負担額証明書の交付を受けます。次に、この交付された証明書を添付して、加入している医療保険の窓口で申請を行います。申請して認められると、介護保険と医療保険からそれぞれ払い戻しが行われます。
この制度は複雑でわかりづらい部分が多いので、自分が対象なのかわからない場合などは市区町村の対象窓口に相談することをおすすめします。

LINEで送る
Pocket

Related posts

うなずきかぼちゃん 468*60