はじめての介護では介護の現場から最新のコラムやニュースをお届けします

初めて介護する方必見!お年寄りのドライスキン対策

LINEで送る
Pocket

高齢者の背中

お年寄りの中には、「ドライスキン」に悩まされている方が多く見られます。皮膚が極度に乾燥すると痒みを伴い、患部を引っ掻いてしまうと、痒みを引き起こす物質「ヒスタミン」が生じ、さらに強い痒みに襲われてしまいます。
特にお年寄りの方は、皮膚が乾燥しやすい状態にあるため、日頃からドライスキン対策を忘れずに行うことが大切になります。お年寄りの方が自身でケアを行うことが難しい場合には、介護をする家族の方がドライスキン対策を行い、乾燥させないよう心がけましょう。


お風呂で気をつける

熱いお湯は肌に必要な油分まで奪ってしまい、余計乾燥させてしまうことになります。適度なぬるま湯に浸かり、乾燥を防ぎましょう。
タオルや垢すりなどでゴシゴシ擦って洗うと、肌はダメージを負ってしまい、より乾燥しやすい状態になってしまいます。そのため、洗身ではタオルや垢すりは使わず、できるだけ手で優しくマッサージするように身体を洗うようにしましょう。
身体をタオルで拭く際にも、肌に刺激を与えないことが大切です。擦って水気を取るのではなく、大きめのバスタオルを使用し、包み込むように優しく水気を取ることを心がけましょう。
お風呂から出た後の肌は、特に水分が失われやすい状態にあります。そのため、特に乾燥が気になる部位に関しては、保湿クリームなどを使用すると良いでしょう。保湿クリームなどを使用する時間については、入浴後15分以内が望ましいとされています。また、汗によって体内の水分量が不足している可能性があるため、しっかりと水分補給をすることも大切です。


室内環境を整える

室内で過ごす時間が長い方は、室内環境にも注意するようにしましょう。エアコンやこたつ、ストーブなどを長い時間使用すると、ドライスキンを引き起こしてしまう可能性が高まります。
どうしてもエアコン・こたつ・ストーブなどが必要な場合には、加湿器の使用を考えてみましょう。室内の湿度を保つことによって、ドライスキンをある程度防ぐことができます。


紫外線への対策も

健康のためには適度な運動も必要ですが、紫外線を浴びすぎると皮膚は乾燥しやすくなってしまいます。そのため、日頃から運動をしている方は、できるだけ日陰で運動することを心がけるようにしましょう。また、肌の露出を抑える服を着たり、帽子をかぶったりする方法も効果的です。
このように、日常生活に少し工夫を取り入れるだけで、ドライスキンはある程度防ぐことができます。日頃から肌をいたわり、刺激を与えるような行動は控えるようにしましょう。また、皮膚に痒みが生じた場合には、すぐに病院で診察を受けることが大切です。

LINEで送る
Pocket

Related posts

うなずきかぼちゃん 468*60