はじめての介護では介護の現場から最新のコラムやニュースをお届けします

シニア層の気になる、定年後のライフプランと相続について

LINEで送る
Pocket

定年

一般的に60歳~65歳になると、会社勤めをしてきた人は定年退職となります。定年退職すると出社することもなくなり、1日の自由時間は大幅に増えます。生活リズムが大きく変わることになるため、セカンドライフのライフプランを事前に立てておくことが大切です。


収入面も大きく変わる

定年退職後のシニア世代が直面する問題として、収入の減少が挙げられます。これまでは勤め先から給料を得ていたものの、それがなくなり収入源は年金となります。
年金受給額は、どのような形で仕事をしてきたのか、どのくらい加入期間があったのかによって変わります。定年後の世帯当たりの年金受給額は、年間で100万円~300万円とされています。そのため、これまでの現役時代の年収と比較すると、収入が減少する方が多いことでしょう。


支出が増える可能性もある

その中で、生きがいを感じられるセカンドライフを送るためには、旅行をするなど趣味の時間を作ることも必要になるでしょう。一方で、今まで以上に医療費がかかってくる可能性が考えられます。
さらに、子どもや孫のためにお金を負担する機会も出てくるかもしれません。そうなると、年金だけでは不足してしまうため、ほかの所でお金を工面する必要性に迫られる方も見られます。そこで、現役世代の段階で、どの程度の貯蓄をしておくべきか考えておくことが大切になります。
現代の日本では、平均寿命は80歳以上とされています。近い将来には、医療の発展によって平均寿命が90歳になるかもしれません。となると、リタイアした後も20年~30年は人生が続くことになります。
この長いセカンドライフを充実したものにできるかどうかは、マネープランにかかっていると言って良いでしょう。預貯金や資産運用をしている場合には、その運用益がどのくらい出ているのかについて、一度確認してみましょう。


相続問題を事前に考えておこう

シニア世代が準備しておくべきこととして、もうひとつ相続問題対策があります。自分が亡くなった際には、生前築き上げた財産は配偶者や子どもなどに引き継がれていきます。引き継ぎのための準備をしていない人は、意外と多いものです。
準備をしていないと、相続時にトラブルが生じる恐れがあります。例えば、遺産を引き継いだ人が莫大な税金の支払いを求められる、家族間で遺産をどう受け継ぐかで揉めるといったケースが実際にあります。中には、遺産相続がスムーズにいかず、兄弟が一切口をきかない関係になってしまうようなケースも見られます。
そのため、自分の財産に関してはしっかりと整理しておきましょう。不動産については、誰かに相続すると不動産の価値によって税額が決まります。税額が大きくなりそうな場合には、処分して現金に換えるなど早めに準備をして、残された家族に負担をなるべくかけないようにしましょう。

LINEで送る
Pocket

Related posts

うなずきかぼちゃん 468*60