はじめての介護では介護の現場から最新のコラムやニュースをお届けします

相続のために、シニア世代ができる節税対策とは

LINEで送る
Pocket

親子

シニア世代の中には、多くの財産を持っている人もいるでしょう。仮に自分が亡くなった場合には、配偶者や子どもたちに財産は相続されることになります。ここで考える必要があるのは、相続税の問題です。
遺産の処理の方法を生前に考えておかないと、莫大な税金が家族に課せられる恐れがあります。自分が亡くなることで、残された家族に迷惑はかけたくないことでしょう。実は、生前からシニアの方が自身で行える節税対策がいくつかあります。

 

生前贈与を考えてみよう

「生前贈与」という言葉を聞いたことはありませんか。自分が健在な時に、子どもなどに自分の財産を分け与える方法です。ただし、生前贈与の場合には贈与税がかかります。
贈与税は、年間に贈与した額から基礎控除として、110万円を差し引いた額に税率をかけて算出されます。この計算に基づくと、年間110万円以内の贈与であれば、非課税となるわけです。このルールを上手に活用して贈与をあらかじめ行っておけば、遺産を少なくすることによって節税効果が期待できます。
ただし注意したいのは、亡くなる3年以内の贈与は「相続財産扱い」にされてしまう点です。そのため、早めに税金対策を始めるようにしましょう。

 

他にもさまざまな節税対策がある

その他には「相続時精算課税贈与」という手法があり、この方法でも節税効果を期待できます。2,500万円までの贈与であれば、非課税で子どもや孫に財産を託せる制度です。例えば、収益用不動産を持っている人は、不動産を子どもなどに贈与すると2,500万円以内であれば税金はかかりませんし、家賃収入が得られるため、将来の税金支払いの資金も確保できます。
さらに、「教育資金一括贈与の非課税制度」を利用する方法もあります。子どもや孫の教育資金をねん出した場合、1,500万円を上限として非課税になる制度です。子どもや孫により良い教育を受けさせたいと考えている方は、この制度を有効活用しましょう。
不動産を所有しており、その不動産を活用していない場合には、「土地活用」を検討してみましょう。更地のままと、マンションやアパートを建設して賃貸経営した場合を比較すると、賃貸経営の方が25%税金が安くなります。このように、財産評価を引き下げることによって、節税する方法もあります。
家族に余計な負担や心配をかけたくない方は、生前にできる準備を済ませておきましょう。ただし注意したいのは、税金に関するルールは時折変更される点です。そのため、行動を起こす前に最新の情報を確認しておくことが大切なポイントになります。

LINEで送る
Pocket

Related posts

うなずきかぼちゃん 468*60