はじめての介護では介護の現場から最新のコラムやニュースをお届けします

正しく理解して最適な排泄ケアを!介護用オムツ

LINEで送る
Pocket

老夫婦

介護用オムツ、尿漏れケア用品といっても様々なタイプがあります。使う人の体の状態や使用スケジュールに合った排泄ケア用品を選ぶことで介護する方、される方、双方が快適な生活を送ることにつながります。

 

体の状態や使用スケジュールで選びましょう

高齢者の排泄は自尊心に関わる、大変デリケートな問題です。高齢者の気持ちを理解し、正しい知識で介護用オムツを使いこなせば、負担のない排泄ケアに変えられます。また、高齢者の肌は保護機能が衰えて肌トラブルを起こしやすいので、吸水性・通気性の高いケア用品の使用で、清潔な状態に保ち、トラブルを防止できます。

 

体の状態で選ぶ介護用オムツ

起き上がることが難しい方には、ベッドの上で交換しやすいテープ式紙オムツと漏れやムレを防ぐ吸水性の高いパッド類を組み合わせると便利です。テープ式はパンツタイプより長時間保つものが多く、モレ防止や大容量を吸収できたり機能性に優れたものがたくさんあります。

介護なしで一人で歩ける方は、下着と同じ感覚で脱ぎはきできる薄型パンツタイプがいいでしょう。パンツタイプは下着と同じ形で、初めてでも違和感が少ないです。サイズはウエストで選びましょう。

介助ありで歩ける方は、薄型パンツタイプ。尿量が多めの方の場合は高吸収パンツタイプとパッド類を組み合わせると安心です。夜間などは吸収回数が多めのものを選ぶと交換頻度も少なく済みます。

介助ありで立ち上がることができる方は、厚めの高吸収パンツタイプと羽の幅が広いパッド類の商品を組み合わせることで、横漏れの心配が大幅に軽減され、気になるにおいも強力に吸収します。

特に介護用オムツは必要ないけれど、軽い尿漏れに不安があるという方は、薄型でムレにくい失禁パッドや軽失禁ライナーなどを利用すると安心です。軽い尿もれ対策としては失禁パッドの他にも尿漏れ用ショーツなどもあります。

 

介護用オムツは医療費控除の対象

医療費控除の申請には、おむつを購入した際の「領収書」と、「おむつ使用証明書」の2つが必要です。「おむつ使用証明書」はかかりつけの医師に発行してもらってください。
※証明書の発行は有料です。

 

心に寄り添い考える排泄ケア

排泄というのはとてもデリケートな問題です。できれば人の手を借りず、自分で済ませたいと思うのが心情ではないでしょうか。そういった心に寄り添いケアをすることはとても大事なことです。本人がトイレに行きたい気持ちを持っているのであれば、ポータブルトイレなど自分で排泄できるようなトイレの環境づくりをすることも一案です。心に寄り添ったケアのサポートとして介護用オムツの利用を考えましょう。

LINEで送る
Pocket

Related posts

うなずきかぼちゃん 468*60