はじめての介護では介護の現場から最新のコラムやニュースをお届けします

介護付有料老人ホーム選びに迷ったら…何を条件に選ぶ?

LINEで送る
Pocket

介護付有料老人ホーム
Still An Adventurer – IMGP5675 / catchesthelight | Flickr

全国にはさまざまな介護付有料老人ホームがあります。民間が運営しているので運営方針や費用など異なり、どの施設を選ぶかで入居者の生活や家族の負担などが大きく変わってきます。入居先を決める前にはしっかりと比較し、希望条件に合った入居先を選ぶことが大切になります。
ここでは、介護付き有料老人ホームを選ぶ4つのポイントをご紹介します。


【ポイント1】家族にとって便利な立地

ご高齢者が老人ホームに入居した後も、面会のため家族の方は施設に足を運ぶことになります。交通に便利な老人ホームを選べば訪問しやすくなり、ちょっとした空き時間なども利用でき訪問回数も増えることでしょう。そのため、老人ホーム選びでは立地条件にこだわることがとても大切になります。
重視するべきポイントとしては、駅やバス停が近いかどうか、家族の家から通いやすいかなど視野に入れて選びましょう。入居後の具体的なシチュエーションを想定し、必要な立地条件を決めておくことが大切です。


【ポイント2】初期費用と継続的にかかる費用

老人ホームに入居するためには、入居一時金などの初期費用が必要となる場合も多いです。入居時の初期費用は事前にしっかりと比較しておきましょう。家賃や食費など月々にかかる費用についても軽視することはできません。要介護者や家族の経済状況を考慮し、継続的にかかる費用が負担にならない老人ホームを選ぶことが大切になります。また、最近では一時金の方式をとらず、月々の費用のみで対応する老人ホームも多くなってきています。


【ポイント3】介護・生活サービスの内容

有料老人ホームは施設によってサービスの内容が異なるため、介護、生活サービスの充実度にも目を向ける必要があります。介護サービスについては、健康管理体制・居室の設備や広さ・終末介護への対応などをチェックしましょう。
生活サービスについては、清掃・洗濯・食事メニューなどを確認しておきましょう。特に清掃については人手不足により衛生面に影響が出ることが多いです。見学の際にはそういったところにも注目しておきましょう。生活サービスの内容は生活の基盤となり、入居者の生活にストレスなど大きな影響を与えるため、しっかりとチェックしておくことが大事です。


【ポイント4】スタッフの人数や対応

さまざまなサービスが用意されていても、施設内スタッフの人手不足により満足のいくサービスが受けられない恐れがあります。そのような老人ホームでは、不測の事態に対処することも難しいはずです。
したがって、老人ホーム選びでは、スタッフの人数に注目することも大切なポイントとなります。また、入居者が安心して暮らすためには、入居者への対応が丁寧であるなど、スタッフの人柄にも注視しておくとよいでしょう。そして、施設長の人柄にも注目してください。施設長の考え方や方針などはスタッフに伝わるので、その施設の良し悪しは施設長にかかっていると言っても過言ではありません。

 

老人ホーム選びでは、入居者がストレスを持たず安心して生活できるための条件を再優先し、尚且つ家族の負担も減らせるような入居先を選ぶことが大切です。上記で紹介したポイントを押さえ、安直に決めることのないよう、必ず、数軒の見学を行い比較検討することをおすすめします。

LINEで送る
Pocket

Related posts

うなずきかぼちゃん 468*60