はじめての介護では介護の現場から最新のコラムやニュースをお届けします

在宅介護と介護施設。どちらを選ぶべきか。

LINEで送る
Pocket

ご高齢の方

「在宅介護と介護施設のどちらを選ぶべきだろう…」ご家族の負担や金銭的な理由などを考え、悩む人は多いと思います。どちらの選択肢にも利点・欠点がそれぞれあるため、総合的に判断して選ぶことが大切になります。
ここでは、在宅介護と介護施設それぞれのメリット・デメリットをご紹介します。

在宅介護のメリット・デメリット

在宅での介護のメリットは、ご家族といつでも顔を合わせられるという点にあります。家族の存在はとても心強いものですし、家族だからこそ頼みやすいこともあることでしょう。
また、住み慣れた環境で生活できることはこの上ない安心を得られます。施設に入居した方の中には、生活環境が変わったことで戸惑ってしまい、ストレスを感じる方も多くいるようです。
しかし、在宅での介護はホームヘルパーなどに依頼したとしても、少なからず家族に負担をかけてしまいます。家族想いの方はご家族に負担をかけてしまうことが自分自身のストレスにも繋がってしまうでしょう。
また、体調を大きく崩してしまった時、深刻な病気に患った時など、自宅では素早く治療に移れない可能性が高くなります。周辺に病院が少ない方、一人で生活する時間が長い高齢者は、特に注意する必要があるでしょう。

介護施設のメリット・デメリット

介護施設の優れている点は、プロの介護士による介護を受けられるということです。専門の資格を有している介護士が多いため、その時々に合わせて必要な介護を受けられる環境にあります。また、ご家族をはじめとした周囲の方の体力的・精神的な負担を軽減もできます。人と話すことが好きな方にとっては、同年代の入居者が多いことで新しい交友関係を築くことができるでしょう。
しかし、介護施設を選んだ際のデメリットといえば入居にかかる費用。施設によって料金はさまざまですが、在宅での介護に比べると高くなるケースがほとんどです。介護サービスには介護保険が適用されるので1割負担で済みますが、介護施設の場合はさらに家賃等が必要となるため、月々に負担する金額がどうしても高くなってしまうのです。
また、ご本人の今後の生活に関わることですから、施設選びは慎重にならざるを得なく、時間をかける必要もあります。国内にはさまざまな施設がありますが、残念ながら全ての施設が優良というわけではありません。安心して暮らすためには、サービス面・費用面・スタッフの良し悪しなど考慮し、数カ所を比較検討しなければなりません。

おわりに

在宅介護と介護施設のメリット・デメリットをそれぞれ紹介しました。
どちらの選択肢にも良い面・悪い面があるため、ご本人やご家族のことを考えながら、慎重に答えを出すことが大切です。また、施設への入居を希望する場合には、施設選びにはしっかりと時間をかけるようにしましょう。

LINEで送る
Pocket

Related posts

うなずきかぼちゃん 468*60