はじめての介護では介護の現場から最新のコラムやニュースをお届けします

介護のお仕事!注目のケアマネジャーの仕事を徹底調査

LINEで送る
Pocket

ケアマネジャー

平成9年から介護保険制度がスタートしました。高齢化社会が今後進む日本で必要な福祉サービスの充実を図るための制度です。この介護保険制度がスタートすると同時に生まれた職種が、ケアマネジャーです。
ケアマネジャーは主に3つの仕事によって構成されています。1つ目は、高齢者やその家族の介護に関する相談を受けることです。相談内容をベースにして、より良い介護サービスを受けられるようにサポートします。
2つ目の業務は、要介護認定の書類作成の代行です。介護サービスを受けるためには、まず地方自治体から要介護認定を受けないといけません。要介護認定を受けると、介護保険の給付が受けられ、介護サービスが受けられます。
要介護認定の手続きは、専門的な書類が必要ですし、いろいろと細かな書類が必要です。そこでケアマネジャーが専門的な知識を駆使して、申請書類の作成を代行し認定審査を受けられるように手配します。
最後のケアマネジャーの仕事は、ケアプランの作成です。ケアプランとは介護サービスに関する説明と今後どのようなサービスを受けるかのスケジュール表によって構成されています。介護サービスを受けるためには、必須の書類です。
高齢者とその家族から要望を聞き、どのようなサービスを必要としているかを検討します。その上でそれぞれのお年寄りに適したケアプランを作成します。ケアプランはお年寄りとその家族の同意を得る必要があり、認められない場合にはプランの変更をします。
良いケアマネジャーになるためには、いくつかの適性があります。まずはコミュニケーションスキルにたけている人が、ケアマネジャー向きといえます。
ケアマネジャーになると、いろいろな人と関わります。利用者やその家族をはじめ、福祉関係のスタッフ、病院の関係者、地域包括支援センター、行政の職員などです。このような人たちと連携しながら、利用者にとって適切なサービスを提供していかないといけないため、意思の疎通は欠かせません。
良いケアマネジャーとは、複数の業務を同時並行でテキパキと進めていく能力を持っている人でもあります。特に事務は煩雑な手続きが多いです。事務だけでも書類の作成や提出、個人情報の取り扱いなどにもケアしていかないといけません。
さらに事務仕事の他にも、利用者との面接もあれば、カンファレンスもあります。複数の仕事を効率よくこなしていくためには、仕事に優先順位をつけて柔軟に対応できる能力が必要です。

LINEで送る
Pocket

Related posts

うなずきかぼちゃん 468*60