はじめての介護では介護の現場から最新のコラムやニュースをお届けします

【注目】ココナッツオイルが認知症・アルツハイマー予防に効果的な3つの理由

LINEで送る
Pocket

ココナッツオイル

高齢化社会が進む中で、問題視されているのが認知症の問題です。日本国内に認知症患者が、460万人程度いるといわれています。

対策が急がれる中、注目される食材にココナッツオイルがあります。 2008年にアメリカのメアリー博士という人が若年性アルツハイマーを患う夫に対してオイルを与えたところ、改善効果が見られました。そこから注目を集めるようになったのです。

メアリー博士がココナッツオイルに目をつけた理由に1つ目のポイントがあります。オイルの中には、中鎖脂肪酸が多く含まれています。中鎖脂肪酸には、記憶力低下を抑制する効果があるといわれています。

2つ目のポイントとして、脳の働きに影響を与えることが挙げられます。なぜ認知症を患うかですが、脳はブドウ糖をエネルギー源として活動しています。ところがこのブドウ糖をうまく使えなくなることが症状に関係しているとみられています。 ブドウ糖が使えないと不足した状態が慢性化してしまって、脳をうまく働かせることができなくなるわけです。ココナッツオイルにはケトン体を作る効果があります。このケトン体はブドウ糖の代わりになる働きがあり、脳のエネルギーとして活用できます。

ココナッツオイルの3つ目のポイントとして、アミロイドβの生成を抑制する効果があります。アミロイドβが脳に蓄積すると、アルツハイマーを発症します。 オイルには中鎖脂肪酸の含まれていることがわかっています。この中鎖脂肪酸はケトン体に体内で変化します。このケトン体には、アミロイドβを分解する酵素の分泌をアップする効果があります。 このため、脳内にアミロイドβが溜まりにくくなります。アルツハイマーの予防効果が期待できるわけです。

オイルの効果は実際に数字で立証できていることにも注目です。認知症の患者184人に対して、オイルを与えてみたところ実に167人もの人にアルツハイマーの症状の改善が見られたといったデータも報告されています。この割合は実に91%となります。 実際先ほど紹介したメアリー博士の夫の結果も、オイルを朝食に1さじ与えた翌日には知能テストの点数が14点から18点に上がりました。数か月間摂取を続けさせたところ、1人で歩いたり走ったり、本も読めるような所まで改善したといいます。

ただしすべての患者に対して効果があるわけではないようです。脳の機能の低下している患者に対しては効果が期待できます。しかしすでに脳細胞が死滅してしまっている患者の場合、細胞を生き返らせることは無理なので症状の改善はあまり期待できません。

ココナッツオイルの場合、スーパーなどに行けば手軽に入手できます。しかも薬のように高価なものではなく、比較的リーズナブルな価格で購入できますから高齢者の介護をしている方にとっては注目する価値のある食材といえるでしょう。中鎖脂肪酸が60~80%含有しているような高濃度の製品を選ぶと良いでしょう。

LINEで送る
Pocket

Related posts

うなずきかぼちゃん 468*60