はじめての介護では介護の現場から最新のコラムやニュースをお届けします

必見!担い手不足の介護業界で注目されている介護移住のメリット・デメリット

LINEで送る
Pocket

介護移住

高齢者の中には介護サービスを受けるために、都市から地方に移住するケースも増えています。介護移住と言いますが、都市部で比較的安価に入居できる介護施設が足りないことに原因があります。たとえば東京で特別養護老人ホームの空き待ちをしている人は約4万人もいて、これは全国の待機者の1割を占めます。

介護移住のメリットとして大きいのが、費用負担を軽減できる点です。都心の一般的な有料老人ホームの場合、月当たりのコストは25~30万円が相場とされています。しかし地方であれば、地価や人件費を安くできるため、より低料金で利用できます。

2つ目のメリットは、選択肢を増やせるところです。自分が住んでいる周辺だけでなく、日本各地がその対象になるわけですから、より自分に合った施設が見つけやすいわけです。設備やサービスなど、多方面で比較して理想の住み処を見つけられます。

最後のメリットは、新しいライフスタイルを獲得できる点です。まったく新しい場所に移住することで、新しい仲間と出会える可能性も出てきます。前向きに移住を受け入れられる人であれば、セカンドライフも十分楽しめるはずです。

ただし介護移住にはデメリットもあることも理解しておくべきです。まずはリロケーションダメージといわれる、環境の変化による精神的なストレスです。人によっては強いストレスがかかってしまって、病気が悪化したりうつ症状を引き起こしたりするケースも見られます。

その他には、地域密着型サービスが受けられないのもデメリットの一つといえます。住む場所は確保できるかもしれませんが、もともとその地域の人と同じようなサービスを受けるのは難しいです。包括的なサポートが受けられるかどうかは、移住する前に検討を加えておきましょう。

最後の問題は、家族と遠く離れたところで生活しなければならない点です。家族もそう頻繁に訪れることできなくなります。 ほとんどの介護施設で、スタッフは適切なケアを行っています。しかし一部施設ではニュースの報道でも時折みられますが、配慮に欠けた不適切なケアや、中には虐待まがいのことをしているケースも残念ながら報告されています。家族の目が届きにくいため、なかなか事実に気が付けない可能性も出てきます。

介護移住するためには、本人とスタッフの人間関係をいかに早く築けるかにかかっています。スタッフや同じ施設を利用している人となじみの関係を築けるように努力しましょう。

LINEで送る
Pocket

Related posts

うなずきかぼちゃん 468*60